街コンは一人で参加してもぼっちにならない!

街コンは気軽に参加できて美味しい食事をとったり、共通の趣味の話などで楽しんだりできるのが魅力です。
しかし興味があるけど友達は街コンに興味がなかったりして、街コンへ一人で参加しようかと考えている人も少なくないです。

一人でのメリットについて、まず自分の都合が良い時にいつでも行くことができます。
友達と一緒に行こうとすれば、スケジュールを合わせなくてはいけません。
仕事や学校の都合でお互いになかなか予定が合わなければ、参加はずっと先になってしまうという問題も出てきます。
一人で参加すればいきたいと思った瞬間に予約をすることができます。
同性の友人と一緒に行くと、気になる異性が一緒になってしまうこともあります。
こうなってしまうと、自分が気に入った異性にアプローチをしにくくなります。

一人で参加しておくことでなんのしがらみもなく、自分の気持ちに正直に自由にアピールして行くことができます。
そして、友達と一緒だとついつい友達と話してしまい周りから声がかかりづらくなってしまうこともあります。
誰かと一緒にいるより、一人でいた方が声はかかりやすいです。

気になってアピールしたい人がいたとして、友人など知っている人がいると自分のいつものキャラクターが邪魔をして積極的に動けないこともあります。
必死だなと思われたくない気持ちが強くなって、この時もうまく声かけができません。

逆にデメリットとして、他の参加者が2人組やグループで参加していると、気になった異性がいても、なかなか声をかけにくいことがあります。
女性が2人で男性が1人のシチュエーションではなんとなくバランスが悪いと考えてしまい、話しかけられずに終わってしまうこともあります。

街コンは地元でセッティングされていることが多いので、知り合いに会う可能性も少なくありません。
街コンなので別に悪いことをしているわけではありませんが、街コンに一人で参加していることを知り合いにみられてしまうのは少し恥ずかしいという人もいます。
友人と一緒であれば、知り合いがいたとしても友人に誘われてとか試しに参加してみたなどということができますがひとりぼっちだとどうしても参加してみたかった感が出てきます。

メリット・デメリットとありますが、ひとりぼっちの人はスタッフが配慮をしてくれ、楽しめるので問題はないです。
例えば、スタッフが席替えを一人で参加した人優先で勧めてくれたりします。
会話も盛り上がるようにスタッフが配慮していきます。